コバルトクロムを用いた総義歯治療の一例|泉大津市で歯医者をお探しの方は、『みやざき歯科』にお任せください。

  • 0725230501

                 

    診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00
    休診日 日曜、祝日、土曜午後

  • WEB予約

治療症例

コバルトクロムを用いた総義歯治療の一例

  • image
  • image
お悩み入れ歯が合わない
年代70代女性
通院回数約3ヶ月
備考金属床義歯は健康保険の一部助成があります。

治療詳細

患者様のお悩みは、

今の入れ歯が合わずうまく食事ができない事と、

会話中に上の入れ歯が落ちてきてしまうということでした。

 

下の写真は今まで使われていた上の入れ歯です。

患者様と相談の上、新しく入れ歯を作ることにしましたが、

患者様は体質的に嘔吐反射が強く(えづきやすい)、極力異物感の少ない義歯を作ることにしました。

下の写真が新調した上の総義歯ですが、

一般的な総義歯はレジンと呼ばれるプラスチックのような素材で作られているため、

強度を保つために、どうしても分厚くなり異物感が強くなってしまいます。

それに対して金属を用いた総義歯は、

プラスチックの1/3ほどの厚みで製作できるため、異物感が少ないのが特徴です。

金属の特性上、熱が伝わりやすいので、

食べ物の温度もしっかりと感じながら美味しく食事ができることも大きな利点です。

 

患者様には、今までの入れ歯に比べて格段に食事がしやすくなったと喜んでいただけました。

 

インプラントが広く普及している現代においても、入れ歯は入れ歯で、インプラントよりも優れている所はあります。

患者様のニーズに広く対応できるように今後とも頑張って行きたいです!

ページトップへ戻る