包括的治療を行なった1例(part3)|泉大津市・和泉市で歯医者をお探しの方は、『みやざき歯科』にお任せください。

  • 0725230501

    診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00
                  休診日 水曜、日曜、祝日、土曜午後

  WEB予約24時間受付中

治療症例

包括的治療を行なった1例(part3)

  • image
  • image
お悩み奥歯が動いて噛めない
年代40代女性
通院回数約1年(他の部位の治療も含め)
費用インプラント2本分

治療詳細

主訴であった、右下の奥歯は歯根が破折していて保存不可であり、インプラント治療を行う事となりました。

インプラント以外の選択肢として、部分入れ歯も挙げられますが、入れ歯が他の歯への負担が増すのに対し、インプラントは他の歯の負担を軽減できるため、今回のようなケースではインプラントの方が、利点が大きいと言えるでしょう。

抜歯後には天然歯の周囲の歯茎は吸収して減少する為、インプラント周りの歯茎を補うために上顎から歯茎を移植することにより、インプラント周囲の清掃性(歯磨きでゴシゴシしても痛くないように)を確保しました。

この手術は遊離歯肉移植術(Free Gingival Graft : FGG)と呼ばれ、抜歯により失われた組織を移植により回復することで、インプラントの予後を良好なものにするための手術です。

 

①上顎の歯肉がドナー(供給側です)

②インプラントの周囲に移植する歯茎を縫い合わせます。

③④治癒後の写真です。インプラントの周りが健康で充分なボリュームの歯茎で囲まれていることはインプラントの予後にとってメリットが大きいです。

 

ページトップへ戻る