多数歯のインプラント治療(多数歯欠損の咬合再構成症例)その①|泉大津市で歯医者をお探しの方は、『みやざき歯科』にお任せください。

  • 0725230501

                 

    診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00
    休診日 日曜、祝日、土曜午後

  • WEB予約

治療症例

多数歯のインプラント治療(多数歯欠損の咬合再構成症例)その①

  • image
  • image
お悩み入れ歯をやめて、インプラントにしたい
年代60代男性
通院回数約1年半
費用インプラント1本30万円

治療詳細

この患者さまのお悩みは、入れ歯が気持ち悪くて食事しづらいのでインプラントにしたいとのことでした。

下の写真は初診時のレントゲン写真です。すでに多数の歯が欠損している状態で、部分入れ歯を使用されていましたが、気持ち悪くて、食事の度に不快に感じていたとのことでした。

このような多数歯のインプラントを治療後も長期的に安定させるには、バランスのとれた噛み合わせを与える事が非常に重要なポイントになってきます。

上の写真は治療前に模型上でシミュレーションを行った状態です。

治療後に安定した噛み合わせになるように、歯科技工所で事前に設計していただきます。

上の写真は先程の模型とCTデータをデジタル加工して重ね合わせた画面です。

このデータを使って、インプラント手術のためのテンプレートを作成していきます。

このようなデジタルデータを用いて行うインプラント手術をガイドサージェリーと呼びます。

ガイドサージェリーで行うインプラント手術は、従来のフリーハンドで行う手術にくらべ、より安全で確実性が高いと言われています。

近年のデジタル技術の進歩により、歯科医療の分野でも日々変化していきますが、このデジタル化の波は今後もますます発展していくものと思われます。

 

ページトップへ戻る