反対咬合(受け口)に対する機能的装置を用いた小児矯正の一例|泉大津市・和泉市で歯医者をお探しの方は、『みやざき歯科』にお任せください。

  • 0725230501

    診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00
                  休診日 水曜、日曜、祝日、土曜午後

  WEB予約24時間受付中

治療症例

反対咬合(受け口)に対する機能的装置を用いた小児矯正の一例

  • image
  • image
お悩み子供の歯並びが気になる
年代5歳女児
通院回数約6ヶ月
費用10万円

治療詳細

歯科医院に来院される保護者の中で、子供さんの歯並びを気にされている方は多く、よく受ける質問の1つに、

「この子の歯並びが悪いのは、このまま放っておいても大丈夫ですか?」というものです。

全ての歯列不正が子供のうちに矯正が必要な訳ではありませんが、大人になってから治療するのでは遅い場合と、子供のうちにある程度の矯正治療を行なっていた方がいいケースがあります。

その代表例としてあげられるのが、このケースのような反対咬合(受け口)のケースです。

その理由は顎骨の成長のタイミングが上顎と下顎では異なり、上顎の成長は9歳くらいで終わってしまうと言われているからです。

そのタイミングを逃すと大きな顎の発育不全を改善することが困難になるためです。

このような反対咬合を治療しないまま放置してしまうと、上顎の発育が阻害され、成長期に下顎だけが成長することでより上下の顎の発育の差がより顕著になってしまします。

この反対咬合を含める顎骨の大きな狂いは、歯並びだけの問題にとどまらず、顔貌にも大きく影響します。

よって、このような大きな発育の狂いは、適切な時期に是正してあげることが重要になります。

 

当院では「プレオルソ」と呼ばれる機能的矯正装置を使用しています。

プレオルソの主な特徴は

①家にいるときだけ(基本的に就寝時)つけるだけでいいので、学校や幼稚園にはつけていかなくてもいい

②弾力のある素材で痛みや、装置の破損が起きる可能性が低い

③自分でつけたり外したすることが自由にできる

④装置をつけないと効果が出ない(保護者と本人の協力も必要です)

 

このような反対咬合の場合は4歳から6歳くらいに始めることが多いです。

詳しくは担当医までご気軽にご相談ください。

(治療前の状態:上顎の劣成長を認め、下顎が大きく前突しているのがわかる)

(治療後6ヶ月の状態:上下の位置関係の大きなギャップが改善されているのがわかる)

ページトップへ戻る