泉大津市で歯医者をお探しの方は、『みやざき歯科』にお任せください。

  • 0725230501

                 

    診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00
    休診日 日曜、祝日、土曜午後

  • WEB予約

治療症例

包括的治療を行なった1例(part1)

  • image
  • image
お悩み奥歯がグラグラして噛めない
年代40代女性
通院回数約1年
備考歯周外科・インプラント・セラミック補綴など総合的な歯科治療を行なっています

治療詳細

歯周病が悪化していくと、歯がグラグラしてきます。

そうなってくると奥歯で噛むと歯がグラつくようになり、ものが噛めない状態になってしまいます。

上の写真(初診時)の点線で囲っているところに重症化した歯周病の状態と治療の難しさが現れています。

右上の点線の箇所は歯の動揺の結果、歯が傾斜してしまい、隙間が空いているのが分かります。

左側の点線の箇所は動揺を抑えるために、隣の歯とボンドで固定していた跡があります。

歯周病がある一定のところまで悪化すると、もう治らないと捉えられて、対症療法的に隣の歯とボンドでとめたり、噛み合わせの調整と言って、ただ単に歯を削ったままの状態になっている患者さんによく出会います。

一般的な歯科医院で行える歯周病治療では重症化した歯周病を根本的に治療するのは、難しいのかもしれません。

もちろん抜歯を避けられないケースや、総合的な判断で抜歯する方がいいケースなどありますが、適切な治療を行えば、抜歯を回避できる場合や、歯周病の悪化を停止できる事も多々あります。

今回の患者様も歯周病により、奥歯の動揺と歯根の破折などがあり、奥歯は非常に厳しい状態の歯もありましたが、できるだけ自分の歯を残せるように治療計画を立てました。

治療終了時点では、深い歯周ポケットは無くなり奥歯で噛んでも歯の動揺はありません。

この後、治療の経過を少しずつ説明していきたいと思います。

 

ページトップへ戻る