ラミネートベニアとセラミッククラウンで歯茎と歯の形態の不調和の改善を行った一例|泉大津市・和泉市で歯医者をお探しの方は、『みやざき歯科』にお任せください。

  • 0725230501

                 

    診療時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00
    休診日 日曜、祝日、土曜午後

  • WEB予約

治療症例

ラミネートベニアとセラミッククラウンで歯茎と歯の形態の不調和の改善を行った一例

  • image
  • image
お悩み前歯をきれいにしたい。全体的にきちんと治療したい
年代40代女性
通院回数約半年(全体的な治療も含めて)
費用55万円(ホワイトニング+セラミッククラウン4本+ラミネートベニア1本)

治療詳細

術前の状態からは、歯の形態と色調および歯茎の形態の連続性に不調和がありました。前歯の間の歯茎には隙間(黄色の矢印部分)の事を専門用語でブラックトライアングルと呼び、前から見るとその隙間が黒く見えてしまうので、審美的に良くないとされています。

セラミックの被せ物で歯の形態と色調を改善することはそれほど困難ではありませんが、歯茎の連続性の不調和(青線の部分)は外科的な方法での改善がもっとも効果が高いと説明しました。

患者様は外科的な方法での治療は希望されず、被せ物の形態を調整することで、ある程度の改善歯茎を図ることとなりました。 上の写真は術後の状態です。青い矢印のところがセラミッククラウンとラミネートベニアで修復した所です。

歯の色調はあらかじめホワイトニングをして、全体的に明るくしてから周囲の天然歯になじむように色調を調整しました。

術前にあったブラックトライアングルもこの症例のように、歯の形態を整える事で自然に閉鎖する事が出来る場合もあります。

歯茎の連続性もある程度改善でき、患者様にも「歯がきれいになってすごく嬉しい」とのお言葉もいただく事が出来ました⭐️

ページトップへ戻る